僕たちとみるの日常

 08.11生まれのゴールデンレトリバーみるちゃんと 僕たちとの日常です。日々の事は忘れがちなのでその記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ごめんよ、みるちゃん・・・

それは、土曜日の朝散歩の出来事…

いつもの散歩道から少し行った、最初にノーリードに出来るポイントで

いつもの様にリードを外してやり、それはそれは楽しそうに走り回っておりました。

僕は缶コーヒーと煙草なんぞ吹かしながら呑気に眺めてたりしてました。

週末のやっとゆっくりな朝散歩が出来る僕にとってもみるにとっても至福の時間です。



で、藪の中から出てきてダーッと僕の前を走り過ぎたところで気がつきました。

みるサンの体、右側面が血だらけ(チシブキ)、ちょっと待てーって言ってとりあえず確保するも

どこから出血してるか最初分からなくて。タオルとかないから拭くにも拭けず・・

抱っこして帰るには離れ過ぎてるし、血の足跡付けながらゆっくり帰りましたよ。

んで、消毒液かけながらチェックしましたら右手の爪が一本剥げて・・抜けてる状態。

爪の中の身がペロンと・・

すごい痛そう。肉球が切れてるぐらいかと思ってたら大変な状態でした。

先生曰く、相当痛いそうです。そりゃそうですよね。あ~ごめんよ。

動物病院が大嫌いなみるを連れて病院へ行き、鎮静剤を注射され、

そのペロンをパチンと切り落とされ(このペロンをパチンとしないと新しい爪が生えないそうです)、

さらに化膿止めの注射など打たれ、よろよろと僕のもとへ・・

いつもは早く帰りたくてフルスロットルでホイルスピンさせながら引っ張って出ていくのにフラフラと。

家でも、ずーっと寝てばかりで当然元気もなくて、ホントにかわいそうな事をしてしまいました。

100405_0729~02
包帯が痛々しいので子供の靴下をはいてます。

しばらくはお散歩も禁止で、毎日通院となりました。

歩く姿を見ても庇いながらやはり痛そうに歩いてます。

100405_0727~01
ご飯を食べるのも大変そうです。…でも完食・・

ちなみにこの食台と食器が1歳のお誕生日プレゼント

replusでした。

みるは痛そうで元気はないし、妻、子供には僕が悪いと責められ(そりゃそうなんだけども)、

少々落ち込んでおります。

早く元気になってもらいたいものです。

現在の体重29.6キロでした…







スポンサーサイト
みるちゃん | コメント:9 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。